トップ > 湘南ナウ > メンバー保護者の声


メンバー保護者の声

2016年10月2日に開催した【対談イベント】学校行かない!勉強しない!我がままを生きて・・・今、ますますHappy で、 おふたりの話を聞いてみて、いかがでしたか?

●子どもを見守るということは、親の覚悟、それも、生ぬるいものではなく、
 それ相応のものが必要不可欠だと思いました。
 言葉で書くとだいぶ厳しいような感じもしますが、
 子どもの自由=(イコール)親の忍耐力。
 どれだけその子の自由を見守ることができるか、
 そして、その先に、親の思っていた通りの成長がなくても、というか、
 思っていた以上の素晴らしい成長があってもなくっても、どっちでも、
 子どもも笑顔、親も笑顔で毎日笑って過ごせたならぜーんぶOK♡で良いと思いました。(M.Mさん)

●大丈夫なんだなと安心しました。(H★Mさん)

●サドベリースクールでの学びを知るのに、とても理解しやすかったです。(H.Tさん)

●子供の自立について悩んでいましたが、子供は既に自立してて、親のほんのすこし前を歩いてる、
 その肩越しからその子の見える光景を一緒にみてあげればその子が理解できる、というのがとても参考になりました。今までずっと自分にくっついてくるのを無理やり引き剥がそうとしていました。。

 また、自分が子供に注意するとき、最初は怒らずに丁寧に説明しても何度も同じことの繰り返しになり結局怒ってしまう、ということが度々あったのですが、それも、よっぴーさんのお話を通じて、私が子供にわかるように説明できていなかったんだなー、と気づきました。(M.Hさん)

スクールに実際に通ってみてどうなんだろう? 実際にメンバーが通っている保護者による、まっすぐな回答です。 ぜひ参考にお読みください。

【T.Kさんの声】
1. スクール入学のきっかけは何ですか?また入学に際して考えたことなどあれば教えてください。 
  シュタイナー幼稚園を卒園して、小学校をどうするのか?と考えていたときに出会ったのがサドベリー教育でした。
  入学に際して考えたことは、この教育を通して、自分にとっての幸せを掴みとることができるようになってもらえたら、ということです。   

2. 実際に通ってみてどうですか〜?またサドベリーに出逢ってどんなことが変わりましたか?
(出来れば親御さんご自身の変化を教えてもらえたら嬉しいです)
  シュタイナー教育との比較になってしまうのですが、スクール運営がメンバー主体になり(保護者も関わってますが)気が楽になりました。

3. サドベリーで成長するお子さんを見て、どんなことを思いますか?
  いわゆる’学校教育’で育っている自分の子どもを知らないので比較対象がないのですが、それなりに成長していると思います。

4. 親だからこその、嬉しいことや歓びはありますか?
  朝、送り出す際に「楽しんできてね」と心から言えること。
  (子どもが楽しい所に今日も行くんだと感じていること)

5. 親だからこその、大変なことや困ったことはありますか?
  学費が高い、籍を置かせてもらっている学校とのやりとり・交渉事など
            (↑卒業証書の獲得、虐待ではないということの説明)

6. 湘南サドベリースクールの「いいなぁ!」「ココが好き♪」と思うところはどんなところですか?
  ●子どもが楽しく通えているところ
  ●異年齢ミックスなところ
  ●家から近いところ
  ●学費を分割払いできるところ(2016年度現在)

7. 入学を考えている人へメッセージをどうぞ!
  関連書籍をよく読んで、サドベリーの理念を理解したうえで入学されることをオススメします。

【H★Mさんの声】
1. スクール入学のきっかけは何ですか?また入学に際して考えたことなどあれば教えてください。
  妻が見つけて

2. 実際に通ってみてどうですか〜?またサドベリーに出逢ってどんなことが変わりましたか?
(出来れば親御さんご自身の変化を教えてもらえたら嬉しいです)
  変な(余計な)心配をしなくなった

3. サドベリーで成長するお子さんを見て、どんなことを思いますか?
  楽しそうにしているので、とても嬉しい

4. 親だからこその、嬉しいことや歓びはありますか?
  たくさんの笑顔と笑い声

5. 親だからこその、大変なことや困ったことはありますか?
  心配せずに任せればいいのに、「早く寝よう」とか、「あれをしてみれば?」等、ついつい口を挟む

6. 湘南サドベリースクールの「いいなぁ!」「ココが好き♪」と思うところはどんなところですか?
  尊重、信頼、自由

7. 入学を考えている人へメッセージをどうぞ!
  いつ入るの? 今でしょ!!

【M.Mさんの声】
1. スクール入学のきっかけは何ですか?また入学に際して考えたことなどあれば教えてください。
  ●SNSでサドベリースクールの記事が出てきたのがきっかけ。
  ●入学に際しては、子どもも親もワクワクでした。   

2. 実際に通ってみてどうですか〜?またサドベリーに出逢ってどんなことが変わりましたか?
(出来れば親御さんご自身の変化を教えてもらえたら嬉しいです)
  ●子:「小学校では学べなかった事が学べて楽しい」
      具体的に言うと、
     「国語、算数等の教科ではなく、自分のこと、 責任力、社会的な事を勉強できるところ。
     そして、○×とかの評価がないところ。
  ●親:「予想以上に『親』という立場にいたんだなーと実感しています。
      今は、『親』という権力を行使せず、
      親だけど『サポーター』として、見守り、支える立場へとシフトチェンジしている最中です。」

3. サドベリーで成長するお子さんを見て、どんなことを思いますか?
  ●うははははは。もっと人生遊びきってこーい!と思う。

4. 親だからこその、嬉しいことや歓びはありますか?
  ●毎日の笑顔と、美味しい、楽しい、嬉しいというそれ以外の悲しみも怒りも、生きている、体験できているという、魂の底から湧き上がってきているものを感じたとき。
  ●一生懸命ゴロゴロして、ゲームして、おやつたべて、昼寝して、夜ふかししている姿♡♡♡

5. 親だからこその、大変なことや困ったことはありますか?
  ●幼稚園〜小学校時代の「子どものことは親の責任」のようなものが染みついていて、
   つい、なんでも口出し、手出ししてしまいそうになるとき。今だに出てますが・・・。

6. 湘南サドベリースクールの「いいなぁ!」「ココが好き♪」と思うところはどんなところですか?
  自由。
  でもそこにちゃんと自分のことは自分でやるんだよ。という、自分の選択肢、責任のあるところ。
  そして、他人の自由も認めるところ。
  みんな愛があるところ。

7. 入学を考えている人へメッセージをどうぞ!
  私(親)は、サドベリーに入学するときに、子どもにしてあげられる、一生のプレゼントだと思い、子の思いを大切にしてサドベリーに入学しました。大丈夫。なんとかなる(笑)
  子もめちゃめちゃサドベリーを楽しんでますが、実は、親の私が一番サドベリーを楽しんでいます(笑)

【M.Hさん&T.Hさんの声】
1. スクール入学のきっかけは何ですか?また入学に際して考えたことなどあれば教えてください。
  書籍でサドベリースクールを知ったのがきっかけ。小学校入学前に公立、私立のいいところ、悪いところを夫婦で考えていたとき、息子に一番合うのがサドベリースクールだという結論になり、本人も見学きたときに一発で気に入り入学を希望しました。
 
2. 実際に通ってみてどうですか〜?またサドベリーに出逢ってどんなことが変わりましたか?
(出来れば親御さんご自身の変化を教えてもらえたら嬉しいです)
  保育園時代は「行きたくないから」と言って泣いて収拾がつかなくなる日もたまにありましたが、今は本人の行きたいときに行けるので、朝起きて少し家で遊んでから登校したり、前日寝るのが遅くなったら少し寝坊してみたり、スクールと自宅両方を楽しんでいます。

(親の変化)
  まだまだ干渉しがちですが、子供自身に任せることに慣れてきました。

3. サドベリーで成長するお子さんを見て、どんなことを思いますか?
  勉強の時間がなくても足し算ができるようになったり、字はうまく書けないけど、漢字やローマ字は読めるようになっていたり、人数はあまり多い学校ではないけれど、ちゃんと友達との付き合いができるようになっていたり、教えなくても成長するんだなぁ、というのが正直な感想です。

4. 親だからこその、嬉しいことや歓びはありますか?
  「今日こんなことがあった」と一生懸命説明してくれるとき。何を言ってるのかわからないことも多々ありますが、それだけ興奮して話してくれるから、楽しく過ごしたんだろうなぁ、と。

5. 親だからこその、大変なことや困ったことはありますか?
  最近は減ってきましたが、スクール内に私が入ると甘えのせいか、怒りっぽくなること。 
  つい心配して、ああしなさい、こうしなさい、という気持ちがまだ出てきてしまうこと。

6. 湘南サドベリースクールの「いいなぁ!」「ココが好き♪」と思うところはどんなところですか?
  ●校舎の1階部分が広く、それぞれの部屋が繋がっていて別の部屋にいても隔離されている感じがしないところ。
  ●のんびりした雰囲気のところ。
  ●みんなおやつが好きで、大人も子供もわーっと集まってくるところ。

7. 入学を考えている人へメッセージをどうぞ!
  入学すると、子供以上に親の方がいろんな気づきがあったり、びっくりしたり、勉強になったりすることがいっぱいあると思います。
  親の「在り方」が確立ができていないと、戸惑いや不満も多く出て、親側のストレスが溜まると思います。その不満がスクール運営のスタッフや自分の子供にぶつけられることも、よくあります。
サドベリーは、いわゆる「普通の教育」ではないため、これまで「社会的な評価」を中心にして生きてこられた親御さんにとって、親自身の価値観を見直す必要が出てくる可能性が高いでしょう。またそれは簡単なことではない、という事も付記しておきます。

  最後に、親は入学させたら終わり、ではなく、毎日のスクール運営にも関わっていくことになるので、子供だけでなく「自分も参加する」ということを強く意識して下さい。

スケジュール
2017年9月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     1 2
345678 9
10111213141516
17181920212223
24252627282930
湘南ナウ