トップ > 理念と概要スタッフ > としや

【非常勤スタッフ】小谷 敏也(としや)

横浜生まれ、横浜育ちです。幼い頃に、水木しげる先生が描く妖怪の世界の虜になり、それがきっかけで怪談・都市伝説から、映画・アニメ・マンガ・小説など目には見えない(実在しない)世界のこと、文化・芸術活動についての関心を深めていきました。

中学、高校から舞台で表現することが大好きだったこともあり、大学に進学すると心理学を学びながら俳優を志すようになりました。大学卒業後、元々は役者修行の一環として始めた子どもと関わることがしだいに一番やりたいことになっていき、有償無償限らずたくさんの現場を掛け持ちするようになっていきました。

フリースクール・適応指導教室のボランティア、家庭教師、ひきこもり・不登校に悩む子どもの訪問サポート、児童指導員、子どもの権利条約フォーラムの運営委員、学童のスタッフ、虐待を受けている子どもの支援…など様々な現場を体験していく中で、子どもがのびのびと大好きなことができる社会を創りたいと考え、サドベリー教育(デモクラティックスクール)にいきつきました。

スクールが大切にしている信頼・尊重・対等ベースな関わりの輪が広がっていけば、きっともっと楽しい社会が実現できると信じています。

2011 年から 2014 年度まではスクールのスタッフとして。 2015 年から 2017 年度まではスクールの技能サポーターとして。そして再び 2018 年度からはスタッフとして湘南サドベリースクールに関わっています。スタッフから一旦離れた 3 年間他の現場で培ってきたこと、技能サポーターとしての視点も活かして、気持ちをあらたに楽しく仕事をしています。

夢は怪談師として全国の人達にと~っても怖い話をお届けすること!と、大学にもう一度入って学ぶことです。

私から見たとしや

<メンバー>

  • とくにない
  • おばけのお話する人
  • こわい話をする人

<保護者>

  • 柿の種のお兄さん。
  • 怖い話の人
  • 「サドベリーGの期間」を体験した貴重な人
  • 湘南サドベリーの怪談師!
  • いつも笑顔の人

としやへ質問!

どうしてサドベリースクールのスタッフになろうと思ったの?<保護者より>
湘南サドベリースクールが大好きだから。
メンバー達やスクールと共に成長していきたいと思ったから。
スクールを発展させることが、社会貢献にも繋がると考えたから。
スクールの仕事、どれくらい忙しいの?<ビジターより>
週に数日仕事をしている。メンバー達のサポートやスクール運営をしているとあっという間に時間が過ぎる!
スタッフをしていて、嬉しいと感じること<保護者より>
一人一人の成長や魅力をダイレクトに無限に感じられること!
サドベリー教育を始め多様な教育・学びのことを伝えて、関心を持ってもらったときや笑顔になってくれたとき!
スタッフをしていて、大変だと感じること<保護者より>
相手を(特に子どもを)信頼する、尊重する、対等に接することに慣れていない人に、その人のことも大切にしながらもスクールが大事にしている理念や在り方を伝えるときが大変だと感じる。
スタッフをやっていて一番難しいこと<保護者より>
自分自身が 100 %メンバー達を信頼しているか、尊重しているか、対等なのかどうか、振り返り、そして向き合うこと。
スタッフやってて楽しい?<メンバーより>
MAX 楽しい!!
こういう”いたん”なしごとをしてふあんじゃないのかきになる<メンバーより>
まったくきにならない。むしろ、ほこりにおもっているし、サドベリーにかかわれるだけでとてもうれしい。どうどうとじしんをもってしごとをしている。
好きなもの(こと)、嫌いなもの(こと)<保護者より>

好きなもの(こと)

  • 怪談を語ること、聴くこと
  • ゾンビ
  • 妖怪
  • 映画などサブカルチャー全般
  • ビブリオバトル

嫌いなもの(こと)

  • いじめ
  • 虐待
  • 差別
  • スクールカースト
  • 人を貶めること
土日休みや長期休暇は何をしていますか?<保護者より>
スクールスタッフ以外の仕事や子ども支援活動。
時間が空いたときは映画や怪談ライヴに行ったり、ウォーキングやランニングをしている。
いま一番ほしいものは?<保護者より>
一緒に全国の心霊スポットやお化け屋敷を巡ってくれる友達
スケジュール
2018年9月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

理念と概要