スタッフは、メンバーによって選ばれ、活動全般に参加し、メンバーに求められたことを必要に応じてサポートをします。

2019年度は常勤スタッフ1名、非常勤スタッフ4名、計5名体制です。


小林 結宇(ゆう)

2000.2.3 群馬生まれ。小2の時に1年間不登校になる。
小6 の冬より湘南サドベリースクールに6年間通う。2018 年 3 月スクール卒業。スタッフの、子供と対等にある関係を見て、自分もこの仕事がしたいと思うようになる。日本各地のサドベリーのスタッフ研修や体験もしていく中で、やはり自分が長く関わりたいのは湘南サドベリーだなと思い、今に至ります。

スタッフとして大切にしていること:

大人と子供の境目なく、一人の人同士として人と関わること。湘南サドベリーの卒業生という経験も活かせたらなぁ、と思ってます。

メンバーに聞いた「ゆうってどんな人?」2019年度ver.
・メンバー感が強い
・おねえちゃん
・元メンバーだから話しやすい

 

新本 聡(しんも)

福岡県の田舎出身。大学にて中・高美術教諭一種を取得。しかし教育実習の体験により、学校教育から一旦距離を取りたいと思うようになる。『窓際のトットちゃん』のトモエ学園のような場所があったらいいなぁ…と思い探していく中で、湘南サドベリースクールに出会う。

スタッフとして大切にしていること:

相手が誰であれ(大人子ども関係なく)、自分が使う「言葉」を大切にしています。言葉って不完全なものだと思うので、自分がどういう意味でどのようなつもりで言葉を使っているのか…というのを、日々大事にしています。また、自分の精神的な変化(感情)を注意深く観察しようとしています。

メンバーに聞いた「しんもってどんな人?」2019年度ver.
・サイゼリヤの壁にいそうな人
・ふつうにいいひと
・彫像みたい
・よく来てた人
・メガネをかけた人間

 

小林 妙子(たえこ)

横浜生まれ。小1から茅ヶ崎で育つ。幼少より、生命を大事にしたい気持ちを強く持つ。ある日体調を崩し半寝たきりとなった経験から、生命力を活き活きと発揮していく生き方を学び始める。

自然や、あらゆる生命を尊重する先住民文化や縄文文化が好きです。

スタッフとして大切にしていること:

フラットさ・ニュートラルさ。自然な感じでいること、私が私らしくあること。

メンバーに聞いた「たえこってどんな人?」2019年度ver.
・インスタント味噌汁をくれた人
・メガネかけてる人

小谷 敏也(としや)

横浜生まれ、横浜育ち。

フリースクール、家庭教師、ひきこもり・不登校に悩む子どもの訪問サポート、虐待を受けている子どもの支援…など、子どもと関わる様々な現場を体験する中で、サドベリー教育(デモクラティックスクール)にいきつきました。

スクールが大切にしている信頼・尊重・対等ベースな関わりの輪が広がっていけば、きっともっと楽しい社会が実現できると信じています。

スタッフとして大切にしていること:

心と身体の元気を保つこと。 一生懸命にやること。 スタッフに選ばれたのは“小谷敏也”だからだと思うので、自分らしさとは何だろう?自分にできることは何だろう?と日々ふりかえること。
スクールに精神的にも経済的にも依存せず、自分の足で立つようにしていること。
何かに依存したり、人のせいにしたりせず、自分の足で立って考え行動すること。
自由であること。

メンバーに聞いた「としやってどんな人?」2019年度ver.
・マンガの主人公ぽい
・ユーモアのある人
・怖い話がおもしろい

清水 洋子(ようちゃん)

愛知県半田市出身、逗子市在住。
こちらのスタッフ以外に 公立小学校の支援員として学校になじめない子たちのサポートもしています。自身が小1からずっと公教育に染まれないまま忍んできたので 自然のままに育つことができる場所でと願ううちに サドベリースクールと出会いました。

スタッフとして大切にしていること:

共にいること。自分を偽らずカッコつけず、ただ素の自分のままでいること。言葉や行動を発する際に、待つ時と待たない時のメリハリをつけること。

メンバーに聞いた「ようちゃんってどんな人?」2019年度ver.
・一緒にナンジャモンジャするの楽しい
・最近入った人